成分

フコイダンというのは、ワカメやモズクといった海藻類に含まれるヌメリ成分のことです。
フコースと呼ばれる成分が結合し、集まったものをフコイダンと呼びます。
フコイダンは、水溶性食物繊維の一種で硫酸化多糖類と呼ばれるグループに属しています。

海藻類がヌメリ成分出す理由は、自分の身を守るためです。
というのは、潮の満ち引きなどに傷つけられた時に、傷跡を保護するような役割を果たしているんです。
また、海藻が波の力に負けて陸に打ち上げられた時に、葉が乾燥しないようにする役割も果たしています。

海藻によって、フコイダンの含有量というのは違います。含有量の違いというのは、その海藻の生息場所によって違います。というのも、深い海域に生息しているよりも、浅い海域に生息している方が危険性が高いので、浅い海域に生息している方がフコイダンの含有量は多くなるんです。

フコイダンの含有量が最も多い海藻は、モズクと言われています。モズクに含まれているフコイダンは量が多いだけではなく、良質だとも言われているんで、食材として最も良いのはモズクになります。
他にも、ナマコやウミウシなどといった一部の動物にもフコイダンが含まれていることがわかっています。

これは、健康面において非常に重宝されるものなんで、最も期待されている健康食材の一つです^^






What's New

2013/01/10
新着情報2を更新。
2012/10/11
新着情報を更新。
2012/05/10
含有量を更新。
2012/05/10
効果を更新。
2012/05/10
飲む理由を更新。
2012/05/10
服用の仕方を更新。
2012/05/10
良薬フコイダンを更新。
2012/05/10
ホームページリニューアル

Recommend Entry

特効薬ですよ

そうなんです。このフコイダンの効力は凄まじいんです。毎日の摂取が義務づけられても決しておかしくないほど。大袈裟かも知れませんが、それほど大切な成分なんです。

がん細胞に

フコイダンの効果はいろいろな分野で研究が進んでいるみたいです。特に注目したいのは、がん細胞に対して働きかけるような成分ですよね。これが解明されれば、がん治療に対して、新しい切り口になるかも知れません!